にきび予防にぴったりの飲み物は青汁!

偏った食事を続けていると、栄養不足によって肌の新陳代謝が低下して乾燥肌になったり、皮脂の分泌量の増加が起こったりするため、にきびや吹き出物ができやすい肌になってしまいます。
このため、にきびの予防には肌の健康維持に不可欠なビタミン・ミネラルを豊富に含む栄養バランスのよい食事を続けることが大切です。

安心をコンセプトにしたweblio辞典関する情報探しのお役に立つサイトです。

とはいえ、仕事や家事、子育てなどで忙しい現代人にとって、毎日栄養バランスのよい食事をつくるのはそれほど簡単なことではないでしょう。

にきびに効く薬情報をまとめてチェックしよう。

このような栄養不足によって生じやすいにきび肌の予防・改善には、毎日の食事に加えて「青汁」を飲むのがお勧めです。青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉などの葉物野菜を粉砕して乾燥させた粉末タイプの健康食品で、いつでも水や牛乳などの飲み物に溶かして手軽に飲むことができるので、忙しいときの栄養補給にぴったりです。



青汁の主原料である葉物野菜には、皮膚や粘膜をつくるために不可欠なビタミンA(βカロテン)や皮膚のコラーゲンをつくるために必要なビタミンC、肌の新陳代謝を活発にするビタミンEなどのビタミン類に加え、鉄、亜鉛、カリウム、カルシウムなどの肌の新陳代謝を安定させるために不可欠なミネラルがバランス良く含まれているので、忙しくて野菜があまり食べられないときでも、肌の健康維持に不可欠な栄養素を効率よく摂取できます。


一方、腸内環境が乱れて腸内に悪玉菌が増加すると、慢性的な便秘や下痢が起こるだけでなく、悪玉菌が腸内の老廃物を腐敗させてつくる有害物質の影響でにきびができやすい肌になってしまいます。

青汁には水溶性食物繊維がたっぷりと含まれており、腸内の老廃物を吸着して排出を促し、悪玉菌を減らすことに貢献してくれるので、特に便秘気味でにきびができやすいという方は青汁を毎日飲んで対策をすることをお勧めします。